Posted on 2018-05-13 by スカイ

Tags:

ESXiでバックアップを取るためにghettoVCBを導入する 環境 ESXi 6.5 事前準備 SSHの有効化 SSHを有効にしないと各種操作が行えないので予めSSHを有効にしておく WebUIにログインし ホスト-アクション-サービス-SSHの有効化 からSSHを有効化にしておく インストール データストアブラウザから https://github.com/lamw/ghettoVCB/blob/master/vghetto-ghettoVCB.vib 上記をダウンロードしたものをアップロードしておく SSHでログインし # esxcli software vib install -v


Posted on 2018-05-04 by スカイ

Tags:

症状 Nvidia Docker2で作ったコンテナの/homeにNFSマウントした状態でChainerを使うと CUDARuntimeError: cudaErrorUnknown: unknown error と怒られて動かない 解決方法 NFSマウントを外すと上手く動くのでNFSによるものらしい ので以下のようにNFSのバージョンを明示的に最新の4を指定する デフォルトだとどうも3でマウントしてるっぽい version: 3 services: sample: build: . tty: true volumes: - nfs:/home


Posted on 2018-04-25 by スカイ

Tags:

Sphinxで上手いこと仮想環境を見てないと The sphinx-build command was not found. Make sure you have Sphinx installed, then set the SPHINXBUILD environment variable to point to the full path of the sphinx-build executable. Alternatively you may add the Sphinx directory to PATH. If you dont have Sphinx installed, grab


Posted on 2018-04-16 by スカイ

Tags:

手元にsameersbn氏作成のGitlabの環境が2つあって双方ともアップデートするの忘れてたので最新版まであげる 現在の最新リリースが10.6.4なのでここまであげる ダウンタイムはある程度生まれるけど1秒落ちたら殺される環境でもないので許容する 環境 以下2環境が動いてる 8.17.4 9.2.7 バックアップ 定時バックアップしてたら不要ですが片方別の方法でバックアップしてたので手動でバックアップ取る この段階で一応Gitlabを落とした方が多分良いけど落とさなくてもできました(ドキュメントにも記述あるけど多分落とした方が安全です $ docker-compose down git


Posted on 2018-04-14 by スカイ

Tags:

表題の通りですがcloneとかする時にhttpsでユーザー認証しようとすると remote: HTTP Basic: Access denied って怒られてしまう 構成はNginx - Docker Gitlabって感じでhttpsでリバースプロキシしてる環境 nginxのconfで proxy_set_header X-Scheme $scheme; してないといけない 何故か抜けてて認証通らなくて唸ってた 追記 2018年4月17日 余談ですがこのような構成下でアクセストークン等を利用した認証をしようとすると通らなくてかなり悩んでいたんですがドキュメントの「Using HTT