Posted on 2018-10-23 by スカイ

Tags:

様々な事情があってどうしようもないUbuntu16.04 32bit環境にdnsdistを入れることになった時の話. 公式で提供しているレポジトリは64bit向けしか提供されていないので自分でビルドする必要がある. 環境 Ubuntu 16.04 32bit 前提パッケージのインストール 一部不要なパッケージがある気がするが最終的に入れてパッケージ $ sudo apt-get install autoconf automake libtool git make gcc g++ libsodium-dev pkg-config ragel fstrm libssl-dev libsyste


Posted on 2018-10-22 by スカイ

Tags:

前回と前々回でそれぞれの動作確認ができたが現段階だと2個それぞれProMicroに接続して使っている. LPST-14900をArduinoに接続する その2 G25のペダルをArduinoにつなぐ これだと2ポート+ハンドルで1ポートで3ポート使ってて頭悪いので1つのProMicroに統合した. とりあえずよく見るFritzingで今後忘れないように回路図を書いてみる. ProMicroはデフォルトで入ってないのでGithubで公開されていたファイルを導入しました. コードはこんな感じにしました(前回の記事のコードをまとめただけ) あとはアクリル板でそれっぽいケースを作って終わりです


Posted on 2018-10-06 by スカイ

Tags:

色々あって放置してたあるUbuntu Serverですが自動更新でカーネルが積み重なった結果/bootが100%になって死んでいました. 質の悪いことにあるカーネルをインストールしてる途中でDisk fullになったらしくアンインストールしようにも途中のものがあるからそっちを先に片付けろと言われうんともすんともいかない状態になりました. その時のメモ 今考えたら--force-yesとかしたらアンインストールできたのかな? 現状確認 $ df -h | grep /boot /dev/sda1 472M 472M 0M 100% /boot


Posted on 2018-10-03 by スカイ

Tags:

はじめに 前回失敗したLPST-14900の値をArduinoで取得するのに再チャレンジした. 結果としては成功しました. 前回記事でも参考したレポジトリのピン配置と実装をほぼそのまま借りた形になっています. 検証はArduino Unoでやっているのでゲームパッドとして認識させられませんが前回の記事とか見て雰囲気で書けば使えます. 手持ちのProMicroが使用中なので新しいのが来たら… ピン配置 ピンの位置はシフターのコネクタ側から見た時のピン番号です. ただの自爆ですが,何も考えずにD-subのコネクタ側から見てピンを挿して混乱しました. この記事のスクリプトではアナログピンをデジタルピ


Posted on 2018-10-02 by スカイ

Tags:

今更ながらに購入して遊びました. 身内で遊ぶためにサーバーを建てたのですがぼちぼち詰まったので備忘録として残しておきます. 今の所Winしか提供されていないようなので他のプラットフォームで動かしたい時は頑張るしかなさそう. 手段 サーバーファイルを落としてきて使う https://steamcommunity.com/linkfilter/?url=https://s3-eu-west-1.amazonaws.com/bgdownloads/Remasted+Dedicated.zip で配布されているサーバーファイルを落としてきて使う(↑参考ページのところにあるリンクです) がsteamco