Posted on 2016-10-28 by スカイ

Tags:

WebAPI Webhook触ったついでに試す バージョンの差異でないことがあったりするのであれ?って思ったらドキュメントを読む https://github.com/gitlabhq/gitlabhq/tree/master/doc/api 左上からブランチを適宜自分のバージョンに変更して読むと捗ります 適当に検索して見つけたAPI叩こうとしたら使用しようと思ったGitlabが古すぎて使えなかったりしました 試す Google Chromeの拡張機能のPostmanとかが気軽に試せてオススメ 抑えるべき点はヘッダーにPRIVATE-TOKENが必要だということ これは自分のユーザーページに飛


Posted on 2016-10-28 by スカイ

Tags:

はじめに GitlabでWebhook使ってSlackにでも投稿しようか、という試み Gitlabに限らずGithubにもあるのでそちらの場合は適宜ドキュメントを読む ドキュメント読もうにもバージョンが分からん…って時は https://ドメイン名/help とか見れば分かる ※そもそもSlackへの通知は公式でサポートされてるのでわざわざ作る必要ないです 追記 Gitlabをオンプレで運用しててローカルネットへのWebhookが動かない!って場合は管理コンソールで内側ネットワークへのアクセスを許可しないと動きません. バージョン 8.5.1 Webhookとは コミットとか各種イベントが発生


Posted on 2016-07-11 by スカイ

Tags:

いろいろ毎回やらかすのでメモしておく ある程度まとまったらマークダウンメモの方に移動する clone編 ユーザー情報の確認と設定 $ git config --global --list user.email=hoge@fuga.com user.name=hoge このままコミットするとこのユーザー情報でコミットされる 違うユーザー情報で使用してるレポジトリとかでやらかすと恥ずかしい cloneしたら意識して設定するようにする $ cd プロジェクト $ git config user.name hogehoge $ git config user.email hogehoge@fug