Posted on 2016-10-30 by スカイ

Tags:

未解決です Electronでウィジェットを作ってる時に画面全体をドラッグで移動+クリックで別の動作をしたいみたいな事例 まず普通にElectron側 フレームなしの背景透過状態にする use strict; const electron = require(electron); const app = electron.app; const BrowserWindow = electron.BrowserWindow; let mainWindow; app.on(window-all-closed, function() { if (process.platform !=


Posted on 2016-10-28 by スカイ

Tags:

UnityでKinect v2を利用するメモ 画像を出したりだとかはいっぱいサンプルあるので単純に人を検出するだけのシンプルなコード バージョン Unity 5.3 Kinect v2 2.0.1410 必要なライブラリ Kinect v2のSDK( https://www.microsoft.com/en-us/download/confirmation.aspx?id=44561 )を入れた上で http://download.microsoft.com/download/F/8/1/F81BC66F-7AA8-4FE4-8317-26A0991162E9/KinectForWindows


Posted on 2016-10-28 by スカイ

Tags:

ソケットサーバー作るよ! Unityでソケット通信したい!って思って調べたらあんまり情報が見つからなかったので泣いた のでメモ バージョン Unity 5.3 コード 幾つかポート開けて見たかったので適当に継承して使うクラスを作ってみた C#良く分からんので指摘があったら是非 try-catch今書いたからおかしいかもしれない SocketServer.cs using UnityEngine; using System; using System.IO; using System.Net; using System.Net.Sockets; using System.Collections.


Posted on 2016-10-28 by スカイ

Tags:

WebAPI Webhook触ったついでに試す バージョンの差異でないことがあったりするのであれ?って思ったらドキュメントを読む https://github.com/gitlabhq/gitlabhq/tree/master/doc/api 左上からブランチを適宜自分のバージョンに変更して読むと捗ります 適当に検索して見つけたAPI叩こうとしたら使用しようと思ったGitlabが古すぎて使えなかったりしました 試す Google Chromeの拡張機能のPostmanとかが気軽に試せてオススメ 抑えるべき点はヘッダーにPRIVATE-TOKENが必要だということ これは自分のユーザーページに飛


Posted on 2016-10-28 by スカイ

Tags:

はじめに GitlabでWebhook使ってSlackにでも投稿しようか、という試み Gitlabに限らずGithubにもあるのでそちらの場合は適宜ドキュメントを読む ドキュメント読もうにもバージョンが分からん…って時は https://ドメイン名/help とか見れば分かる ※そもそもSlackへの通知は公式でサポートされてるのでわざわざ作る必要ないです 追記 Gitlabをオンプレで運用しててローカルネットへのWebhookが動かない!って場合は管理コンソールで内側ネットワークへのアクセスを許可しないと動きません. バージョン 8.5.1 Webhookとは コミットとか各種イベントが発生