Posted on 2019-03-08 by スカイ

Tags:

k8sでAPIを叩く記事をだいぶ前に書きましたが最終的にPodとして配置することになりました. この場合はtokenをベタに書かなくてももっと手軽に認証できるので試します. 環境はk8s v1.9.3で検証しています. Goだと下記みたいなやつをPythonでやりたいというお話です. https://github.com/kubernetes/client-go/tree/master/examples/in-cluster-client-configuration ちなみにexampleの中にありました. https://github.com/kubernetes-client/python


Posted on 2018-12-15 by スカイ

Tags:

今書いてるスクリプトでWindowsで特定のアプリケーションのインストール場所を探す用事があったのでメモ. Uninstall用のレジストリを探していって見つける. レジストリキーを総なめしていって一致する名前を見つけたらそのキーのInstallLocationを取得してるだけ. $ python find_app.py Beat Saber C:\Program Files(x86)\Steam\steamapps\common\Beat Saber って感じで取れる.


Posted on 2018-12-14 by スカイ

Tags:

存在だけ知って触ったことのなかったCamera Remote APIを触ってみました. 環境 ILCE-6000 α6000 本体ソフトウェア Ver3.20 ドキュメントとか https://developer.sony.com/ja/develop/cameras/ 公式ページのDownload SDKからドキュメント落とせるので基本的にはそれを見てHTTPを叩きます. カメラがAPIに対応しているかは以下から確認できます. https://developer.sony.com/ja/develop/cameras/api-information/supported-features-


Posted on 2018-11-27 by スカイ

Tags:

GKEのAPIを利用してリソースの操作してみるメモ. 多分オンプレも同じですがまだ検証してないので動作確認したら追記します. 追記 2019/03/06 オンプレ環境下でも問題なく動きました 環境 環境は以下です. $ kubectl version Client Version: version.Info{Major:1, Minor:10, GitVersion:v1.10.7, GitCommit:0c38c362511b20a098d7cd855f1314dad92c2780, GitTreeState:clean, BuildDate:2018-08-20T10:09:03Z, Go


Posted on 2018-11-01 by スカイ

Tags:

滅多に変わらないので放置してたけど宅内の環境を整え直すついでに前々からやろうかなぁと思って放置してたDDNS周りにトライした. 最悪ヘッドレスブラウザで更新すれば良いかなと思ったら簡単にいけそうな記事を見かけたのでスクリプトに起こした. 標準ライブラリだけで動くので適当にcronで叩くようにして終わり. 参考記事 LinuxやMacで お名前.com ダイナミックDNS の IPアドレスを更新する