Tags:

記事ぼちぼち書いてるのでご存知の通り未だにcygwin使っていますがようやく引っ越しする気になったので詰まった点とかまとめます.

WSLのインストール

この辺はわかりやすい記事が色々あるので他の記事読んで下さい
今回はUbuntu18.04で検証しています

WSLの有効化

Winマークを右クリックして「アプリと機能」->「プログラムと機能」->「Windowsの機能の有効化または無効化」
と進んで「Windows subsystem for Linux」を有効化して再起動

開発者向け機能の有効化

Winマークを右クリックして「設定」->「更新とセキュリティ」->「開発者向け」から開発者モードに切り替えておく

イメージの入手

Winマークを左クリックして「store」と入力してMicrost Storeを開く
任意のイメージを検索してインストールする(Ubuntu18.04等)

WSLの起動

Winマークを左クリックして任意のイメージ名を入力して起動する
しばらく初期設定が走ったあと任意のユーザー名とパスワードを設定します

WSLの設定

ユーザーのホームディレクトリの変更

FSの都合上かなり深いところにWSLのホームディレクトリがあります
そのためWin側で都合が良い場所にホームディレクトリを移します
Win側でストレージは/mnt/[DriveName]
となっているので適宜好きな場所に変更します
例えば「C:\wsl/」としたい場合

$ sudo vi /etc/passwd
- sky:x:1000:1000:,,,:/home/sky:/bin/bash
+ sky:x:1000:1000:,,,:/mnt/c/wsl:/bin/bash

のように変更しWSLを再起動します

マウント方法の変更

/mnt下のドライブはマウント時にメタデータオプションが無効の状態でマウントされています
sshなどのファイルのパーミッションが重視されるものを利用しようとするとパーミッション周りでエラーがでるのでメタデータを有効にした状態でマウントするようにします

$ sudo vim /etc/wsl.conf
[automount]
enable = true
root = /mnt/
options = "metadata"
mountFsTab = false

環境構築

WSL固有でトラブったやつとかだけまとめます

Docker

どちらの方法を使用するにせよWSL上にDockerが必要なので予めインストールしておきます

ホスト側にDockerを入れて使う

ホスト側にDockerを入れてTCPを有効にしWSL側から操作します
ただし以下に記載があるようにEnterprise、Professional、Educationでないと使うことができません

ただ一度設定したら楽に使えるのでエディションの問題がなければありだと思います
ホスト側でインストール後
Expose daemon on tcp://localhost:2375 without TLS
を有効にしておきます
その上で

$ echo "export DOCKER_HOST='tcp://0.0.0.0:2375'" >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

してホスト側のDockerを参照するように変更します

セキュリティ的に宜しくないので証明書を入れるなりした方が良いです
https://docs.docker.com/engine/security/https/

WSL側で頑張る

Homeエディションの場合は上記の選択肢は取れないのでこちらの選択肢か諦めて別の方法を模索することになります

普通にWSL上でDockerをインストールしてサービスをあげようとするとiptables周りでエラーが吐かれてあがりませんがWSLを管理者権限で上げてサービスをあげると解決できるそうです
そのあとでcgroupfs-mountしてないとコケるので先にしておきます
Winキー -> PowerShell -> 右クリックから管理者権限で立ち上げ

Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

PS C:\WINDOWS\system32> bash
$ sudo cgroupfs-mount
$ sudo service docker start
$ sudo service docker status
 * Docker is running

あとは通常通りのWSLからでもDockerが使えるようになります
毎回sudoつけるのは不便なのでdockerグループに入れておきます

$ sudo usermod -aG docker $USER

ただホストマシンが再起動する度に管理者権限で立ち上げてDockerサービスを上げ直さないといけないというデメリットがあります
なにか良い感じに解決出来る方法があったら教えて下さい

補足

開発者モードにするとOpenSSH Serverがホスト側であがります
止める場合はサービスの一覧にOpenSSH SSH Serverがあるので無効か手動にしておけば止まります
過去にやってあったので起動していませんでしたが今どうなのか知らないので一応

エラーまとめ

apt-getがコケる

セキュリティソフトによっては通信がブロックされるため使用しているアプリケーションの情報を集めましょう
ちなみにSEP(SymantecEndpointProtection)はSEP14MP2から公式対応しているのでapt-getはちゃんと通ります
それより前のバージョンは通信が遮断されてしまいます
利用しているSEP14はMP1だったためMP2にアップデートして解決しました
下記ページに案内がありますがダウンロードページに飛ぶ->対応言語のアップデーターを探す->ダウンロードしたzipの中に細かいバージョンから最新バージョンにあげるexeが入ってるのでそれぞれの環境に応じて実行して適用って感じです

sshできない

sshしようとすると

Bad owner or permissions on /mnt/c/wsl/.ssh/config

みたいなこと言われてchmodしようがchownしようがダメ
Microsoft/WSL Enable using host's .ssh folder #731
にある通りメタデータオプションをつけてマウントすれば解決します
自動でやる方法は環境構築のところに書きましたが毎回手動でも一応できます

$ umount /mnt/c
$ mount -t drvfs C: /mnt/c -o metadata

詳細は
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/wsl/release-notes#build-17063

追記
wsl.confでmountFsTab = trueとしておけばfstabを読みにいくので特定のストレージのみマウントしたい場合は

[automount]
enable = false
mountFsTab = true

としてfstabでマウントすれば良いらしいです
fstabのマウント->automountの順で処理されるので特定のストレージだけオプションつけてマウントとかもできるみたいです
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/wsl/release-notes#build-17093

Error starting daemon: Devices cgroup isn't mounted

管理者権限で立ち上げたWSLからcgroupfs-mountを実行した上でDockerサービスをあげます

$ sudo cgroupfs-mount
$ sudo service docker start

参考記事



コメント