Posted on 2018-08-29 by スカイ

Tags:

だいぶ前に書いた記事 [未解決]yum updateしたら立ち上がらなくなった話 の後日談です. このマシン実は未だにレスキューモードで強引に動かしています. 今回ようやく移行機材が揃ったので移行先へファイルを移すためにNFSマウントしようとしたらモジュールが有効になってないので mount.nfs4: No such device と出てマウント出来ませんでした. mountコマンドに-vをつけて実行した感じnfsv4が有効になってないようなのでこれを手動で有効にします. 普通の場合なら単に $ modprobe nfs として終わりですがレスキューモードだとmodules.de


Posted on 2018-08-18 by スカイ

Tags:

Google Cloud Datastore Emulatorを使うことでクラウド上のDatastoreを使わずにローカルでDatastoreを建てて開発することができるようになります. Firebase Datastoreも実質これなので使ってみました. 環境 $ gcloud version Google Cloud SDK 212.0.0 beta 2018.07.16 bq 2.0.34 cloud-datastore-emulator 2.0.1 core 2018.08.13 gsutil 4.33 kubectl $ firebase -V 4.1.0 環境構築 前提パッケ


Posted on 2018-07-26 by スカイ

Tags:

ホストマシンをリブートしないでHDDを認識させたい時の話 UbuntuとCentOSでマシンを落とさずにHDDを接続したい時があって困ったのでメモ 基本的にはrescan-scsi-busを使う方が楽で良い 使わない場合は手動でファイルに書き込んで再スキャンをするが接続ポートがわからないと片っ端から試さないといけないため面倒 共通 scsitoolsをインストールした上でrescan-scsi-busコマンドを実行する $ sudo apt-get install scsitools or $ sudo yum install scsitools $ rescan-scsi-bus Ub


Posted on 2017-11-27 by スカイ

Tags:

Azure Computer Vision APIをcurlで試してみます. 普通に適当な言語でコードを書いた方が楽なんですがちょっと諸事情あってシェルスクリプト書かないといけなくなったのでメモ. 事前準備 予めコンソールの方でAPIを有効化しておきAPIキーを取得しておきます. curlで取得してみる 1行で書くとわかりにくいのでシェルスクリプトにしておきます. スクリプト内のLOCATION変数はAPI有効化の時に選択したロケーションと一致している必要があります. IMAGE=./sample.jpg LOCATION=southeastasia VISUALFEATURES=Catego


Posted on 2017-01-29 by スカイ

Tags:

はじめに UbuntuにTAITAN Xを載せた学習環境の構築メモ 何故かシステムが起動しなくなったりしたのでその辺の対処も含めて 環境 特筆すべきところだけ - OS Ubuntu 14.04.05 Server - GPU GPU TAITAN X(pascal) インストール OSインストール これは特に問題なく終わる NVIDIAドライバインストール http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp 公式サイトから適宜環境にあったドライバを選択する 製品のタイプ GeForce 製品シリーズ GeForce 10 series