Posted on 2018-12-15 by スカイ

Tags:

今書いてるスクリプトでWindowsで特定のアプリケーションのインストール場所を探す用事があったのでメモ. Uninstall用のレジストリを探していって見つける. レジストリキーを総なめしていって一致する名前を見つけたらそのキーのInstallLocationを取得してるだけ. $ python find_app.py Beat Saber C:\Program Files(x86)\Steam\steamapps\common\Beat Saber って感じで取れる.


Posted on 2018-12-14 by スカイ

Tags:

存在だけ知って触ったことのなかったCamera Remote APIを触ってみました. 環境 ILCE-6000 α6000 本体ソフトウェア Ver3.20 ドキュメントとか https://developer.sony.com/ja/develop/cameras/ 公式ページのDownload SDKからドキュメント落とせるので基本的にはそれを見てHTTPを叩きます. カメラがAPIに対応しているかは以下から確認できます. https://developer.sony.com/ja/develop/cameras/api-information/supported-features-


Posted on 2018-12-07 by スカイ

Tags:

ESXi上で動かしているとあるVMでパッケージのアップデートを適用して再起動したらネットワークに繋がらなくなってしまった. ただ,他のVMでは問題なくネットワークに接続できているので設定の問題かな?と思ってDHCPに戻したりして検証していたが,一行に接続できず参ってしまったのでその時のメモ. 環境 ホスト ESXi 6.5 ゲスト Ubuntu16.04(4.4.0-62-generic) 問題なく接続できていたVM Ubuntu16.04(4.4.0-140-generic) 接続できなくなったVM 原因(推測) 技術力不足でログを追うところまではいけませんでしたが,カーネルのアップ


Posted on 2018-11-30 by スカイ

Tags:

ブラックフライデーセールで5000円安くなったのでOculus Rift買いました. 25日に購入したので入荷待ちになるかな?と思いましたが,無事28日の午前には到着しました. 気になったことをまとめておきます. セットアップ センサスタンド x 2(USB3.0 x 2)とRift本体(HDMI + USB3.0)をPCに接続する. 公式サイトからセットアップ用のexeを落としてきて実行する. ウィザードの通り実行していき,問題なく終了. セットアップが終わるとデモアプリが起動するので基本操作を学べる.この辺は親切さを感じた. ※1 RiftがHDMIを1つ取るので複数ディスプレイつないでる


Posted on 2018-11-27 by スカイ

Tags:

GKEのAPIを利用してリソースの操作してみるメモ. 多分オンプレも同じですがまだ検証してないので動作確認したら追記します. 環境 環境は以下です. $ kubectl version Client Version: version.Info{Major:1, Minor:10, GitVersion:v1.10.7, GitCommit:0c38c362511b20a098d7cd855f1314dad92c2780, GitTreeState:clean, BuildDate:2018-08-20T10:09:03Z, GoVersion:go1.9.3, Compiler:gc, Pla